混合ワクチンについて

・混合ワクチンについて、最近では「抗体検査」が出来る病院が増えてきました。検査にて抗体が確認できた場合、その年(本来打つ予定)のワクチン接種は見送りとなります。

当店でも毎年各注射の証明書をご提示頂いておりますが、抗体検査の結果抗体が確認されワクチン接種の必要がないと診断されたお客様に関しては、そちらの検査結果の証明書で更新可となります。検査結果をお持ち下さい。

・高齢になり体力が落ちてきた、アレルギーショックを起こした等の事情で獣医に注射が出来ない(しない方が良い)と診断されたワンちゃんは、その旨を確認できる病院から発行された文書をお持ち下さい。

お預かりするにあたり健康上の問題がなく当店の利用規約に同意頂ければ、ホテル・トリミング共にご利用頂けます。

※狂犬病予防注射は法律で義務付けられたものです。当店でも毎年の接種をお願いし毎年証明書をご提示頂きます。

数年前に近隣諸国(アジア)で狂犬病が発生し、日本から狂犬病予防薬がなくなる騒動が起きましたが、その様な事が日本で起こらないよう飼い主の義務として毎年の接種をお願い致します。

 

Pocket